院長の

紹介

院長

20代前半からこの道に従事し、途中で社会勉強を兼ねて電気会社に就職、電気工事士の資格を活かしマンション等の電気設計、施工管理を行っていたが、自身の道として柔道整復師で生きて行きたいと思い、数か所の接骨院で院長、副院長などを経験し、地元坂戸の地に開院。
持ち前のオタク気質の探究心を活かし、養成学校での成績も上位、担当教員に「教科書丸暗記してるでしょ?」と聞かれたという逸話も残っている。更に国家試験などは教科別で全国でもトップの成績を収める。
​そして更に持ち前の器用さを活かした手技療法は、多様な症状の改善に定評がある。

ヒルクライム
​優勝
​院長の作品、趣味など
院長の趣味を反映した院内の装飾は、およそ接骨院とかけ離れたものも多々あるのが当院の特徴である。
鉄道模型のダイオラマや、たくさんのミニカー、中には院長の手作りの物もある。
ガンダム等のロボット好きでもあり、製作したプラモデルなども展示してある。
これらは塗装だけではなく、形状修正や加工なども行われている。
​それら細かい作業も全て施術に活きているというのは院長の談。
外にある看板も手描きで、今まで沢山の絵を描いている。
​これら画像は院長の作品群の一部である。

© 2019おくだいら接骨院 Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now